2016年2月10日水曜日

成田空港VS羽田空港 公共交通手段のヒント

子連れで海外旅行をする際に役立てばと思い、勝手な意見を載せさせて頂きます。

羽田空港を利用する際には、我が家は下記の2通りの方法を使用した事があります。

① 最寄り駅→山手線→浜松町→モノレール→羽田空港
土曜日の朝早い便を使用したので、山手線は空いていたので、キングたぬき、クイーンたぬき、たぬきプリンセス(2歳)の3名でキャリーケースと一緒に乗り込みました。
浜松町からのモノレールは座れないぐらい混んでいました。
ベビーカーは持っていなかったのですが、2歳のたぬきプリンセスが一人で立ち続けているには、結構、このモノレールが揺れるので親の一人が抱っこする感じになったので、大変でした。

② 最寄り駅→山手線→品川→京浜急行→羽田空港
木曜夜に羽田空港に向かって金曜日の深夜に出発する便を利用しましたが、ベビーカーは畳んで、たぬきプリンセス(2歳)とクイーンたぬきの2名で山手線に乗り込みました。
この時は、夕方6時頃だったのとお盆休みの時期だったので、山手線は結構空いていました。
そして、品川駅からの京浜急行については、座れるぐらい空いています。

時間帯にも寄るのかも知れませんが、モノレールよりは品川からの京浜急行の方が、子連れには利用しやすいかな、と思います。
(京浜急行は、モノレール程は揺れないので、そこそこ小さい子供でも、自力で立っていられます。)

成田空港までは、我が家からは下記の2通りの方法を利用した事があります。

① 最寄りバス停→日暮里→京成スカイアクセス→成田空港
日暮里駅行きのバスだと日暮里駅が終点なので、乗車する場所に寄っては荷物と一緒に乗り込んでも大丈夫なぐらい空いています。
そして、日暮里駅からは京成スカイアクセスの特急を利用。全席指定なので、子連れには助かります。トイレも完備されているので、オムツはずれ後の幼児でも安心。

② 最寄り駅→京成電鉄→成田空港
スカイライナーやスカイアクセスの特急ではなく、普通の京成電鉄の急行電車を利用しました。
これは、日曜日の午後だったので、子連れでベビーカー使用でも大丈夫なぐらい空いていました。

航空券の時間帯によって、羽田空港までの公共交通手段も成田空港の公共交通手段も様々ですが、子連れの方は、確実に座れる成田エキスプレスや京成スカイライナーと言った特急を利用したり、空港までのバスを利用した方が、断然楽だと思います。
それ以外の電車を利用する場合は、スーツケースとかを先に空港宅配する事を断然お勧めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿